自作すれば安い

まだプリンターが普及していなかった頃のステッカー作成は、企業に依頼するというのが一般的な方法でした。
しかし現在では印刷が気軽に自宅で行えるようになったので、ラベルシールを使って自作する事も少なくありません。
印刷会社へ依頼すると少数の発注でも、それなりの費用が必要になります。
しかし自作ならば印刷物とラベルシールを準備すればそれよりも安価です。
プリンターが備わった事で、顧客は新たな選択肢を手に入れたと言えます。
しかし大量にステッカーが必要な場合には、まだまだ企業に分があります。
紙やインクやラベルシールといった消耗品を安価で準備できる事と、機械を使った大量生産ができる事が理由です。
時間と費用の両方が優れていると言えます。

印刷会社の知識

そして企業の強みは大量生産だけではありません。
サービス面も強化されているため、少ない数を作りたい顧客に向けたサービスもあります。
それはステッカーに必要なデザインです。
芸術方面を苦手にしている人は少なくないので、それを見越して画像データだけを売るサービスがあります。
それならば論理的なデータだけで済むので、一度作ってしまえば同じものを売る事ができます。
このように転用できるデータを持つ事は強みと言えるでしょう。
元々は全てのサービスを引き受けていたので、印刷会社のノウハウは多岐に渡ります。
それを分解して個別サービスとして売る事で、新たな商品に仕上げました。
これは経営資源が豊かな歴史深い仕事だからこその作戦と言えます。

Search

Categories