オリジナルシール印刷

ラベルシールやステッカーなど、世の中には様々なオリジナルシールがありますが、現在ではかなり低価格で印刷してもらえる会社が増えました。
まず各印刷物の種類に関して説明すると、ラベルシールには例えばスーパーやコンビニで買い物した時にもらう袋などがあります。
ステッカーは需要が多く、商品のラベルに貼るものや注意書きなどたくさんのシーンに活用されています。
紙の種類も多種に渡り、耐久性・耐水性に優れたフィルム素材のものから、艶のあるコート紙なども用意されています。
モノクロ、カラーの選択からデザインにおいてもお客様との話し合いにより、オリジナル商品を作り出すことも可能です。
1枚から大量部数まで作成できますし、注文方法におきましてもWEBサイトから希望を入力し、デザインがあるなら添付して送信すればOKです。
短期間で高品質なラベルシールやステッカーが適切価格で発注できるのは大変便利であると思います。
数社に渡って見積もりを取り、そこから選択するのも良いでしょう。

綺麗なものを作りたい

丁寧に作業をすれば自作でも充分に綺麗なものは作れますが、手先が不器用だとか、あまり時間が取れないという人は、専門の業者に頼むという方法もあります。
特にステッカーは、耐水性・耐光性に優れており、車や窓など様々なところに貼って遊ぶという楽しみもあります。
アニメやゲームの宣伝や、好きな人の趣味で見かける痛車に貼られているものも、あれもステッカーの一種です。
大きなものはやはり家庭のプリンターでは難しいので、専門の業者に頼む方が良いでしょう。
業者もそういった個人の需要を反映して、サイズにもよりますが、1枚からの小ロットで対応してくれるところも増えています。
また、自宅のプリンターでは出力できないサイズでも、出力サービスを行っているお店に行けば大きなサイズの用紙でも出力可能です。
紙換えで用紙を好きなものが使えるところに行って、持ち込みの紙に出力するようにすると良いでしょう。
自作も楽しいですが、業者にどのように頼むのか、相談をしながら作っていく作業も楽しいものです。

豊富な種類

プリンターが一般家庭でも普及しはじめてから、様々な印刷用紙が販売されるようになりました。
その中のひとつが、ラベルシールです。
裏がシール状になっていて、好きな柄や文字を印刷できるものです。
今ではその種類も多岐に渡っていて、好きな形に切れる大きなシート状のものや、可愛い丸い形の、POP向きのラベルシール。
子どものおもちゃや学校の持ち物につけるのにぴったりな横長サイズや、名刺サイズなどもあります。
また、ちょっと面白いところではステッカー用の印刷用紙も販売されていて、自作のステッカーを作ってしまうこともできます。
パソコンとプリンター、そしてメーカーから販売される様々な印刷用紙を利用することで、自宅で手軽に、楽しい工作や便利なシールがたくさん作れる時代になりました。
しかし、質の良いものを作りたいと思ったらやはり、専業のプロには敵いません。
とはいえそういった専門業者も最近では、個人向けの小ロット製作のサービスを行っています。

Search

Categories

アーカイブ

カテゴリー