希望を明らかにする

ステッカーはラベルシールに印刷物を貼り付けたものですが、以前はほとんどの作業を企業が独占していました。
昔はプリンターが高価なもので家庭に普及しておらず、それは印刷物を作るためのパソコンも同様です。
このようにステッカーを作る十分な環境は企業にしかありませんでした。
それに自作という手段が増えたのは、パソコンの普及とプリンターの低価格化が進んだからです。
もはや少数を作るのであれば、外注よりも制作費を抑えられる状況です。
それによって外注が求められなくなったわけではありません。
大量生産であればコスト面でも作業面でも、自作は企業に敵わないでしょう。
しかし状況によっては自作した方がいい場合もあるので、ステッカーを作る時には自分の考えを明確にする事が必要です。

Search

Categories

アーカイブ

カテゴリー